コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

リボン模様のリング



DSC_0231_2.jpg


こんにちは。おかだちえこです。ようやく涼しくなってきましたね。
ペヨーテステッチの練習として『ステッチ・ビーズ織りで楽しむデリカビーズのアクセサリー&こもの』(ブティック社)より、「リボン模様のリング」をつくりました。
秋のファッションに合わせたくなる色合いにしてみました。
2枚目の写真、「手タレ」のように美しくなくてお恥ずかしいのですが…
ビーズステッチでつくるリングは、指を締め付けることなく、とても優しいつけ心地で気に入っています。
オリジナルデザインのリングもつくってみたいと思います。


読んでくださってありがとうございます。
ランキングに参加しています。ポチッとしてね。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

ビーズステッチのストラップ(ネコ)

ビーズステッチのストラップ作成中の写真です。どうやったらネコに見えるか、思案中。
 何とかヒゲを描こうとしていましたが・・・



完成品。
ヒゲをなくし、鼻の色をオレンジからピンクに変えたらネコらしくなった。
柄を変えてみましたが、いかがでしょうか。
 IMG_0178_12.jpg



読んでくださってありがとうございます。
ランキングに参加しています。ポチッとしてね。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
コンテントヘッダー

ビーズ織りができるまで 3

3.糸始末をします

最後の仕上げ、糸引きです。最終段まで織り上がったらよこ糸を結び、織り機から外して、糸が絡まないよう気をつけながらテーブルにセロテープで固定します。糸引きの作業は手間がかかりますが、仕上がりを左右するので丁寧に作業します。
IMG_0160_11.jpg  


たて糸を左右に振り分け、真ん中から一本ずつ引いていきます。上側と下側を順番に引きます。
このとき、よこ糸がたて糸の中を割って通っていると、この糸引きの作業がスムーズにできません。だから織りの作業は慎重にするのです。
IMG_0163_12.jpg 

スルスルッとたて糸が引けると気持ちいいものです。
向かって左側の糸を引き終えて、残りを真ん中から引いていくところです。
IMG_0165_13.jpg 


たて糸をすべて引くと、このようになります。残りの糸は扱いやすい長さに切り、ビーズの中を通してから切って、ビーズ織りだるまの完成です。
 IMG_0169_14.jpg

今回は小さな作品を作りましたが、バッグやタペストリーなども作ることができます。(根気があれば・・・)
久々のビーズ織りはとても楽しかったので、これからいろいろな作品を作ってみたいと思います。


読んでくださってありがとうございます。
ランキングに参加しています。ポチッとしてね。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
コンテントヘッダー

ビーズ織りができるまで 2

2.よこ糸をつけて織り始めます

いちばん左のたて糸によこ糸を結び、その糸をビーズ織り専用の針に通します。そして針先でビーズを拾いますが、配色を確認して間違えないように通します。写真は、作業用マットの上でビーズを針に通したところです。
  IMG_0146_2.jpg


たて糸の下によこ糸をくぐらせ、針に通したビーズを移動させて、指でビーズを押し上げながらたて糸の間に挟み込みます。この作業が最も難しく、すべてのビーズを固定しようと悪戦苦闘しているうちに目が疲れます。特に一段目を仕上げるのにかなりの時間を要します。
写真は2段目のビーズを指でたて糸の間に挟んでいるところです。
IMG_0148_2.jpg 


さらに指でビーズを押し上げながら、右端から左へすべてのビーズに針を通します。このとき、たて糸を割らないように針穴から通します。また、よこ糸がたて糸の上を通るようにイメージしながら慎重にビーズの穴の上側を通していきます。
IMG_0151_2.jpg 


さらに糸を引きます。
IMG_0153_2.jpg 


横糸は緩すぎず、きつすぎずに引きます。一番端まで引いたら一段の織り上がりです。写真は1段目・2段目を織ったところです。
IMG_0155_2.jpg



以上の手順を図案の終わりまで繰り返し、一枚のビーズ織りシートを織っていきます。
<ビーズ織りができるまで 3に続く>



読んでくださってありがとうございます。
ランキングに参加しています。ポチッとしてね。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
コンテントヘッダー

ビーズ織りができるまで 1

エアコンをつけていてもうっすらと汗をかくような暑さですね。
みなさま夏バテしてませんか?

さて、「ビーズ」と聞くと何でもやってみたくなる性分のわたし…
ここ何日か、「ビーズ織り」に取り組んでいました。
以前、小さな作品を作ったことはあるのですが満足のいく出来かというと…?
久しぶりに織り機に触ってみたらすっかりコツを忘れていて、できあがりまでに時間がかかってしまいました。
今回作ったのは、写真のような小さなだるまです。実物は3cm×2.5cmの大きさです。

このだるまは試作品であり、練習用でもあります。さらに本やホームページを見ながらの独学なので、お見苦しい点がありますがお許しを。
写真が多いので、数回に分けてこの「ビーズ織りだるま」ができあがるまでをご紹介したいと思います。


1.たて糸を張ります
この織り機は縦約30cm×横7.5cmの大きさで、小さな作品用です。
ビーズ織り専用の糸を緩まないように一本ずつ張っていきます。写真はたて糸を張り終えたところです。
手前の止め棒をなくしてしまったので、ネジで代用しています(^^;
IMG_0142_2.jpg

<ビーズ織りができるまで 2へ続きます>



読んでくださってありがとうございます。
ランキングに参加しています。ポチッとしてね。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
いらっしゃいませ
今月のお知らせ
ちえこの手しごと 1月17日(火)13時半~15時半 浮城茶屋(みはら歴史館内)にて 遊びにきてくださいね♪
プロフィール

おかだちえこ

Author:おかだちえこ
手しごと作家&韓国語翻訳者&主婦。
1973年千葉県生まれ。先天性の障害のため、車いす生活を送る。
幼いころから手芸に興味を持ち、独学で編み物を覚える。30代でビーズアクセサリーに出会い、教室に通い始める。
2007年、楽習フォーラムが発行する『ビーズスキル認定証』取得。
2011年、長年過ごした関東を離れ、尾道市へ移り住む。
針と糸とビーズで平面モチーフを作る「シェイプドステッチ」の技法を独学で覚え、三原ビーズだるま「はらのすけ」などの制作をしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。